エコへの取り組み

土を大切にする。

生物との共有スペースを守り、協力すれば人間が出したごみと言われるものも捨てるだけでなく、価値のある資源に変わると思っています。

りんごカフェでは、お店を開業してから生ごみはすべて家に持ち帰っています。

卵の殻やコーヒーかす、リンゴの皮はコンポストに入れて有機肥料として野菜を育てています。

残ったケーキや期限切れのお菓子等は、鶏に食べさせて、捨てる事無く、のちに卵となって還元されます。

鶏のフンは、土に肥料となり、何も捨てるものが無いという事がわかります。

子供にも土に触れさせながら、食育として教える事が出来て、時代の変わる流れにも、忘れてはいけない食べると言う責任もしっかり感じて成長出来ると思います。